タイトル
名前    文字の色 パスワード
このサイトの名前は?
新コーナーが・・・ - 石川
本居さんのページが出来ましたね。
さすがです。

No. 19, 2005年3月10日木曜日 10時35分 - (コメント)
追いコンのお知らせ - さとう(あ)
三月ですねぇ卒業の季節です。
そこで今年も四年生の方々(やすたけさんの代の方々)の追いコンを行います。日程は以下のとおりです。

日時:3月26日(土) 19:00〜
場所:高田馬場の笑笑

集合場所等の詳細は未定です。分かり次第おって連絡します!
OB,OGの方々是非是非。多くの方のご参加待ってます。
一応参加の締め切りは3月17日(木)です。
とり急ぎご連絡まで。それでは!

No. 18, 2005年03月06日(日)00時30分 - (コメント)
つだゆうじ
参加したいってのはここに書けばいいのかな。

No. 20, 2005年3月11日金曜日 16時1分
さとう(あ)
あ、はい!すいません。うっかりしてました・・。
ここに書いてもらうか
frech-zucker310@ezweb.ne.jpまでメールを下さい!
つださん参加ですか?ありがとうございます〜。

No. 21, 2005年3月12日土曜日 16時57分
最近 - 石川
ここをこそこそとみるのが生きがいです。
2号さんと矢崎さんのPBBSのやりとりがおもしろくて泣けてきます。
コメントしたかったんですが、やり方がわかりませんでした。
修行が足りないようです。
まあ、なんといいますか、矢崎さんのアップロードされた絵とあにめ再生の
完成バージョンが違うのには意味深なものを感じます。
青少年にも優しい公序良俗にも配慮したものであるのですね。
奥が深いです。
さとう(あ)くんとすごい遊びたいです。

No. 16, 2005年02月13日(日)19時10分 - (コメント)
さとう(あ)
ひさしぶり!
遊びましょうぞ。

No. 17, 2005年02月15日(火)06時09分
こいぬま
ここ一週間で読売日本交響楽団とNHK交響楽団の第九を聴いた。

読響は、楽団員個人の技術も楽団全体のシンクロもすばらしい。
指揮者の曲解釈は素直で繊細。抑えるところは抑え、盛り上げるところは徹底して盛り上げる。
合唱もぴったり揃っていた。
ソリストの声質があまりよくなかったのが唯一マイナス。
場所はサントリーホールで音響も雰囲気もとてもよかった。

他方N響は、楽団員個人の技術はすばらしかったけど、
ぜんぜん揃ってなくて音の出だしがばらばら。
指揮者の指揮は雑で、演奏でなにか表現をしようという気が感じられない。
合唱は雑。ソリストは声質だけはよかったけど歌が下手。
場所はNHKホールで音響が悪く、ひとつひとつの楽器の音が分離してきこえないし、
楽器の音にかぶさって「サー」というノイズがきこえる。

同じ演目で同じような時期にやってるのにこれほど違うとは思わなかった。
N響の実力がこんなひどいわけはないだろうから、
たぶん第九はお祭りみたいな感じでまじめにやってないんだろう。
読響はまじめにやってるというのに。

No. 12, 2004年12月27日(月)17時47分 - (コメント)
こいぬま
読響のニューイヤーコンサートを聴いた。
今回の読響は第九のときほどすばらしくはなく、曲によってはくずれた感じだった。

思うにすばらしい演奏というのは、演奏を意識させずに曲そのものを聴ける演奏をいうのだ。
下手な演奏を聴くときには、聴き手は実際に聞こえてくる音の中から
その曲の本来の音を抽出する努力をしなければならない。
つまり、演奏の拙さによって生まれた誤差を頭の中で補正しなくてはならない。
それに対して、いい演奏では実際に聞こえてくる音がそのままその曲本来の音であり、
聴き手は聞こえてくる音をそのまま聴いていればいいので、
安心して音楽に身を任せていることができる。

No. 15, 2005年01月12日(水)10時24分
先輩の活躍を紹介 - 古賀
ラフォーレ原宿 Side by Side
館野洋介

http://www.mori.co.jp/hillsradio/tateno_b_ishikawa_hayashi.html

No. 6, 2004年12月19日(日)01時34分 - (コメント)
古賀
あれ、リンク張られないのか。

No. 7, 2004年12月19日(日)01時35分
こいぬま
うお、館野さんだ。

No. 8, 2004年12月19日(日)01時41分
こいぬま
リンク貼られるようになった。

No. 11, 2004年12月19日(日)01時54分
前のページ 1 2 3 4 次のページ
No.  パスワード